磨き上げた技法

歴代の職人が紡いできた卓越した技

淡路島の豊かな自然

太陽の光と潮風が育む豊かな味わい

自慢の逸品

私達の素麺を、ぜひ、ご賞味ください。

トピックス

2020.11.12

【新感覚の素麺】淡路島ぬーどる

淡路島が生んだ「素麺の進化系」。 ラーメンともパスタともうどんとも違う「モチモチ・つるつる」の食感と、芳醇な「小麦の香り」。 濃いめの味付けにも負けない強い味わいをぜひ一度体験してください。

お知らせ

お知らせ一覧

淡路手延素麺

素麺の機械化を受け入れず、全国的にもめずらしい
古式伝統の「手延べ」を守り続けることで、
素麺本来の味・コシ・のどごしを、今でも実現しています。

淡路手延素麺の歴史は天保年間(1830年~1843年)に遡ります。
淡路島福良の渡七平(三原郡史では渡久平)は伊勢参りからの帰り、三輪地方でのそうめん作りを見かけて、その魅力に引きこまれました。

淡路手延素麺の歴史

淡路島の手延べ素麺は、「いとでし」と呼ばれる職人によって作られます。

伝統製法

淡路手延素麺は伝統を守ってきた生産者から作られます。

淡路手延素麺協同組合組合員

銘柄紹介

代表銘柄である「御陵糸」をはじめ、伝統の技法で作られた
こだわりの手延べ素麺を紹介しています。

伝統を守ってきた12の製麺所が作り上げる
淡路島手延素麺。

銘柄

ちどりロゴマークに関する一切の権利は、淡路手延素麺協同組合に帰属します。
画像を使用する際は、淡路手延素麺協同組合にご連絡頂き、画像の提供を受けてください。
なお、申請は個々の制作物ごとに必要となります。
過去に提供を受けたデータを別の制作物に無断転用することは固くお断りいたします。